青森県 南部町 名川地区で、りんご さくらんぼ あんず八助 梅 等の農産物生産と、名川ウメ・サクランボ加工センターにおいて、りんごジュース・葡萄ジュース・阿房宮干し菊・あんず八助しそ漬けなどの加工品を製造販売しています。

さくらんぼの里

南部町について

平成18年1月1日に、南部町、名川町、福地村が合併し、「南部町(なんぶちょう)」が誕生しました。

南部町のシンボル 名久井岳

標高615mの名久井岳を望む南部町名川地区は、比較的温暖な気候で昼夜の寒暖の差が大きく、果樹栽培の適地となっています。そのため、さくらんぼは、全国3位の生産量誇る青森県の主要産地となっています。

名川産さくらんぼ・りんご

当農園のある名久井岳の麓には、たくさんの果樹園があります。農業が基幹産業の南部町名川地区の主要農産物は、さくらんぼを中心とした果樹です。5月になると、さくらんぼ、りんご、なし等が一斉に開花します。さくらんぼが実る6月下旬頃には、県内外はもとより全国からさくらんぼ狩りに観光客が訪れます。

現在も、「名川のさくらんぼ」「名川のりんご」としてブランドになっています。

グリーンツーリズム

全国から観光客が訪れるようになった旧名川町では、交流の輪をさらに広げる取り組みとして、グリーン・ツーリズムに取り組んできました。

現在は、バーチャルビレッジ(擬似農村)として「達者村」が開村。首都圏等在住の中高年の誘客や、農業体験修学旅行生の受け入れを積極的に行っています。

当農園も、農業体験修学旅行生のホームステイ先として、農産物の管理や収穫作業など体験していただいています。南部町の豊かな自然の中で、地域の文化や食に触れ、新たな感動に触れていただいております。

Link:南部町ホームページ「南部町ホームページ「通年農業観光“四季のまつり”」のページ


より大きな地図で 株式会社 東農園 を表示