青森県 南部町 名川地区で、りんご さくらんぼ あんず八助 梅 等の農産物生産と、名川ウメ・サクランボ加工センターにおいて、りんごジュース・葡萄ジュース・阿房宮干し菊・あんず八助しそ漬けなどの加工品を製造販売しています。

名川ウメ・サクランボ加工センター

ごあいさつ

当加工センターは、平成9年より南部町名川地区で果樹生産農家等から委託を受けて、果実等のジュースを生産しています。

平成5年に、当農園で生産していた「紫蘇をジュースに加工したい」と行動を開始したのが、加工センター設立のきっかけでした。

町内にジュースを加工しているところはありましたが、紫蘇をジュースにするアイデアを採用してくださる加工所もなく、何度掛け合っても受託先が見つかりませんでした。

それでは自分で作ってしまえと、建設準備を始めたのが平成5年です。

加工センター建築と並行して、六戸町農業協同組合(現:JAおいらせ農業協同組合)様にお世話になり、ジュースの加工を2年間勉強させていただき、無事に創業するにいたりました。

おかげさまで、南部町名川地区において販売される、ほぼ半数のジュースを生産させていただいております。

ひとえに、地域の皆様のご理解とご協力の賜物と思っております。

今後も、皆様のご厚情に感謝の念を持ちつつ、安心安全で美味しいジュースの加工に努めてまいります。

代表 東 牧人

りんごジュースができるまで

りんごジュースができるまで
りんごジュースができるまで

委託加工について

委託について
原材料をお預かりし瓶入りジュースに加工いたします。
加工品
リンゴ、葡萄、カマズミ、梅、紫蘇、ヤーコン、ブルーベリー等。
加工受付
原材料の種類、量や、繁忙期などがございますので、事前にご相談ください。

環境に対する取り組み

搾りかすのリサイクル

ジュースを加工すると、搾りかす(搾汁残さ)が発生します。当加工センターで発生した搾汁残さを、果樹剪定の際に発生する枝と合わせて、当農園の有機肥料として活用しています。

実は、この残さ肥料が果樹の味をよりいっそう美味しくしてくれるのです。ご購入いただいたお客様より、大変好評をいただいております。

これら、果汁残さを用いたリサイクルシステムを、さらに有効活用し、低農薬栽培と合わせて、安心安全な農産物を生産してまいります。

自社商品について

りんごジュース

当農園では、さくらんぼ、りんご、葡萄、梅、阿房宮(食用菊)、山ぶどう、紫蘇等を生産しており、受託ジュースとは別に、自社商品として製造販売しております。

有限会社 名川ウメ・サクランボ加工センター概要

社名
有限会社 名川ウメ・サクランボ加工センター
代表者
代表 東 牧人
設立
平成9年1月
住所
〒039-0507 青森県三戸郡南部町大字高瀬字西宮野39-2
TEL
0178-76-1781

より大きな地図で 株式会社 東農園 を表示